・不妊改善
 
 
  
  

不妊症の漢方医学の改善方法

 
このような悩みのある方、ご相談ください。
年齢的に妊娠の限界に近いけど、なかなか妊娠できない方
体外受精や人工授精など、何回しても成功しない方
何回も流産してしまう方
一人目を産んだけど、二人目がなかなかできない方
ホルモンバランス(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、プロラクチン等)が乱れている方
冷えやストレス、便秘、生理痛、生理不順、肥満、下痢、痩せ過ぎなどの方
排卵困難、着床できない方
35歳を超え、子宮、卵巣の老化が進む方
精子の数や運動率が低い方
子宮筋腫、卵巣障害の方
 
 
 漢方医学の不妊原因
漢方医学では、不妊症には「腎」・「肝」・「脾」(西洋医学の腎臓・肝臓・脾臓とは違います)の臓器が深く関わっています。
「腎」
男女を問わず、生殖系統、妊娠に関係が深いです。
不足すると、身体および発育不全、排卵困難、無排卵、生殖機能の異常、生命力の低下、性欲減退、勃起困難、老化早期化などが起こります。
このため、不妊原因の一番に「腎気」の問題が挙げられます。
「肝」
漢方医学では精神状態と関係があります。
肝経経路が生殖系統に経由するからです。
  精神のストレス ⇒ 月経異常 ⇒ 無排卵 ⇒ 排卵機能不全
乳房やお腹の張りからくる痛み、流産、不妊症などを引き起こすことがあります。
「脾」
消化系の胃腸の働きは脾の働きに含まれ、『後天の本』と言われます。
脾で作られている栄養物質(気・血)が不足すると生殖器(子宮・卵巣・精巣)が栄養不足となり、生理機能の異常をきたし、無排卵や無精子となります。
他には、気虚(元気衰退)、(血行不良)などによる子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣チョコレート嚢腫などがみられます。
このように、女性の月経や妊娠には、「腎」・「肝」・「脾」の働きが重要で、バランスのとれた各臓器の正常機能を保ちながら、常に気血の流れを良くすることが重要です。
 不妊改善の三本柱
骨盤の歪み矯正 + 体質改善気功整体
いつも腰が痛い、下半身太り、生理不順、排卵障害、便秘、生理痛など、お腹まわりや足の冷え、両下肢のむくみ、太りやすい方は、骨盤の歪みで骨盤内の内臓、子宮、卵巣、大腸、小腸がお互いに圧迫されて正常な働きが十分にできない事が多いと言われています。そのような場合は、骨盤の歪み矯正が必要です。
骨盤の歪みなどを解消すると、内臓が正常な位置に戻り、各内臓が本来持つ機能が十分発揮できるようです。
更に、三陰交、関元、気海、子宮穴、帰来、合谷などに気を入れながら整体していくと、子宮、卵巣の機能が高まり、妊娠できる体になります。
鍼灸治療
子宮、卵巣のツボに直接鍼あるいはお灸をして調整すると、気血の巡りが良くなり、生理痛や生理不順、子宮筋腫、卵巣障害等が解消され、排卵がうまくできて、受精しやすく、着床しやすい身体になり、妊娠に成功となります。
漢方薬
漢方専門の中医師が望聞問切して、身体の状態を把握し、気血陰陽、五臓六腑の学説から診た不妊の原因を突き止め、気血水(脾臓)、腎陰、腎陽、肝気鬱血、ストレス(肝蔵)、ホルモンバランスを漢方薬で整え、生理周期に合わせた漢方治療で特に身体の全体体調を向上し、女性ホルモンバランスをうまく整えることで、排卵、受精、着床、妊娠できる母体になります。
このような東洋医学の三本柱で、古く昔から伝えられ、今でも中国の病院で不妊症の治療に使われています。
その実績は当院でも多数の方々が妊娠に成功し、喜びや感謝の声がたくさん届いています。
その中には1ヶ月〜半年までに妊娠できる方が80%以上です。
 当院の不妊改善例
<症例1>
40歳のCさんは、結婚して12年になりますが、肩こり・腰痛がひどく、全身的に寒がり、風邪を引きやすく、耳鳴り、めまい、疲れやすく、足のむくみもあり、生理が遅れ、量も少なく、「腎陽虚証」と「気血両虚」と診断され、八味地黄丸・補中益気湯等、気血を補い腎陽を温める漢方を飲むと同時に鍼治療を併用、同時に病院で人工授精を受けて8ヶ月後に妊娠でき、その後元気な男の子を出産されました。
<症例2>
42歳のSさんは、第一子が8歳で6年前から第二子を希望されましたが、なかなか妊娠することができないので、病院で排卵誘発剤等ホルモン治療を受けて、人工授精も5回ほど受けましたが妊娠できませんでした。顔色が悪く、お腹の冷えがあり、生理が重く出血量が多く、疲れやすく、貧血症状が強く、漢方での診断は気血両虚とがあり、漢方の治療は、生理中には桂枝茯苓丸などを使い、生理以外の日は十全大補湯や補腎の生薬を加えました。同時に鍼治療も加え、早く生理痛やお腹の冷え、疲れが取れました。その2ヶ月後、基礎体温が上がり、妊娠反応が陽性になり自然妊娠ができました。元気な女の子が産まれました。

<症例3>
35歳のTさんは看護師でお仕事が忙しく、疲労やストレスが溜まり、頭痛、イライラ、不眠が続く、生理不順、生理が早くなったり遅くなったり一定しない、生理痛、生理前に乳房が張り痛くて触れない、子どもが欲しいのですがなかなか妊娠できず、ここでの漢方(加味逍遙散)と骨盤矯正など(病院での治療も受けていました)で、歪んだ骨盤が整えられ、子宮卵巣の働きが向上し生理が順調に来て、わずか1ヶ月で妊娠できました。漢方薬を続けて飲んでいて、つわりも軽く順調に男の子を出産しました。
不妊改善はご本人の身体の調子(年齢、子宮・卵巣の機能状態)やご予算などに合わせることができます。
お気軽にご相談ください。
ページの先頭へ